農家直販お米の購入はコチラ
FAX専用シート(FAXでのお申し込みはこちらから)
お客様の声
定期便について
農夫の日記
携帯ショッピングサイト
使用できるクレジットカード
コンビニOK(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート)
代引きOK
ネット銀行振込OK(ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行)

※お支払いはすべて前払いとなっております。
久保さんちのお米
2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ホーム > 農夫の日記(スタッフブログ) > 省力化
久保さんちのお米「農夫の日記」

省力化

2018年7月10日
 田植えも無事に終わり、今は田んぼの管理を行っています。
農業も省力化が進み、色々なことが楽になってきています。
肥料をトラクターでふるブロードキャスター。
育苗の苗箱を並べる苗箱並べ機。
そもそも育苗を行わない乾田直播。
最近では田植えをする苗の枚数を減らす密苗用の田植え機もできました。
1反で使う苗の枚数を13~15枚なのを8枚くらいでできるので
ずいぶん楽になります。
ただ、昔から苗半作という言葉があります。
田んぼに植える前の苗が、稲の出来を決めるというわけです。
なのでうちでは、薄まきで苗を作っています。
で、試しに密苗を作ってみました。

密苗

image14

薄まきの苗

IMG_3919

やはり薄まきのほうが、茎が太くしっかりしています。
これを見ると省力化できるけど、ちょっと嫌かなと思います。




コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

お米のご購入はこちらから
単品でご購入されたい方 単品でのご購入はこちら
定期便でご購入されたい方 定期便でのご購入はこちら